みちしる

にこにこできるお店です。笑顔で過ごせるスペース作り

安城にこにこ餃子安城にこにこ餃子

更新日:2018/07/27
安城にこにこ餃子

Q.お店のコンセプトや雰囲気を教えてください。

Q.お店のコンセプトや雰囲気を教えてください。

来ていただいたお客様が、飲食をして「にこにこ」。
働いているスタッフが「にこにこ」。
お店に来ると、誰もが自然と笑顔が溢れる。だからこそ「行きたい」と思える。
関わった人が「にこにこ」と笑顔になれるように心掛けています。

Q.他店とは違うお店のこだわり、売りを教えて下さい。

Q.他店とは違うお店のこだわり、売りを教えて下さい。

安城にこにこ餃子のもつ鍋のスープと名物餃子の羽根には、名古屋コーチンを8時間以上炊き上げて抽出したこだわりの鶏ガラスープ。濃厚な中にも上品な口当たりとまろやかな鶏ガラの旨味が口いっぱいに広がり、旨味の調和をお楽しみ頂けます。

Q.お店特有の指導方法やコミュニケーションをはかるためにやっていることを教えて下さい。

Q.お店特有の指導方法やコミュニケーションをはかるためにやっていることを教えて下さい。

毎月一度スタッフを集めた情熱ミーティングを行っています。
ミーティングの中でそれぞれの知識や技術を共有し社員もアルバイトも皆が同じように働けるように指導しています。
その他にも新人スタッフには、社員ではなく先輩スタッフが指導するようにしています。先輩スタッフも自分がやっていることに対して向き合う機会になるからです。
そしてときには笑いも交え、難くならず、働きやすい環境作りも心掛けています。

Q.お店のスタッフはどういう方が働いていますか。

Q.お店のスタッフはどういう方が働いていますか。

18歳~22歳の学生、フリーターが活躍しています。
普段はおちゃらけたメンバーも、いざ仕事が始まると真面目に働き、自分たちが何をするべきかを自らが考えて行動してくれています。

Q.店長様のお店への想いを教えて下さい。

Q.店長様のお店への想いを教えて下さい。

自分がこのお店で働いて1年と少しが経ちましたが、お客様やスタッフ、多くの人と関わり思ったことは、「感謝」です。初めてご来店のお客様、いつも来ていただいてる常連様、一緒に働くスタッフ、すべての人の笑顔や支えがあったからこそ、今の自分や今のお店があると思っています。
大変だと感じるときもありますが、それ以上にやりがいや楽しいと思えるときが多いのは皆様のおかげだと感じているので、この感謝の想いを関わった人たちに与えれるようにしていきます。

Q.今後、どのようなお店にしていきたいか、などビジョンや目標を教えて下さい。

Q.今後、どのようなお店にしていきたいか、などビジョンや目標を教えて下さい。

より多くの人に、安城にこにこ餃子を知っていただけるように、来て良かった、働いて良かったと、ご来店されたお客様や一緒に働いたスタッフ、多くの人が幸せな気持ちになれるお店にしていきたいと思います。

Q.貴社へ入社した経緯やきっかけを教えて下さい。

友人の紹介でバイトを始めたのがきっかけです。

Q.店長様は、貴社をどのような会社だと思いますか。

社員、アルバイトに優しく、それでいて熱い気持ちで接してくれる会社です。

Q.以前はどういう会社orお店で働いていたのですか。

もともとは自動車工場で働いて、飲食店はアルバイトとしては経験がありました。

Q.入社(転職)されて、店長様が変わった点や成長したと感じる店はありますか。また、どんなところですか。

相手の気持ちを考えて行動するよう心掛けています。
店長として働く以上、責任感も強くなり、アルバイトの時とは違いより多くの人と関わる機会も増えました。そんな中、自分本位な考えや行動では誰も満足のいく結果にはならないものだと感じました。まずは相手が満足して初めて自分に満足のいく結果が表れると思い、相手の気持ちを考え、応えれるよう心掛けています。

Q.入社(転職)前と後のイメージは、どうでしたか。

アルバイトからの入社だったので、前任の方を見ていて大変そうだというイメージはありました。入社してみてやはり肉体的にも精神的にも辛いときはありましたが、嬉しいことや楽しいこと、喜びの大きさが違いました。

Q.入社前に知っておきたかったことや入社後に気づいたことはありますか。

特にありませんが、いろんな人との出会いの中で人と人の関わりの大切さを知れました。

Q.店長様が何か心がけていることはありますか。

自分よりも相手の気持ちを考えて行動しています。
今、自分がこの場所にいれる幸せを噛みしめ、お客様やスタッフ、関わった人に喜んで頂けるようにしています。